image

ワイン造り

甲州種の持つユニークな風味特性を維持するため、シゼン・ワインの発酵にはステンレス槽が使われています。ドゥニ・デュブルデュー教授からも、オーク樽の使用とマロラクティック発酵を避け、ブドウ本来の特徴を最大限に引き出すために、やさしくプレスするようにとのアドバイスがありました。その結果、日本料理だけが持つアロマを映し出す、爽やかで切れのあるワインに仕上がったのです。