image

ニューヨーク・タイムズ(The New York Times)

buy_detail

"復活品種にかける日本のワイナリー"

           日本人は長年ワインを造ってきたが、それを飲んでみようと考える者など、日本の外には誰一人としていなかった。甲州と呼ばれる固有の食用ブドウから造られたワインであるなら、それはなおのことだった。

しかしアーネスト・シンガーは、甲州には、世界の高級白ワイン用ブドウの仲間入りする資格があると考えた。

続きを読むにはここをクリック

ガーディアン(The Guardian)

buy_detail

"日本ワイン、高級ブドウに再考を促す"

以前は安酒向けの品質として知られていたが、今や国内の醸造家たちは、世界をターゲットとした良質な寿司向けワインを造るために、100%国産のブドウを使うようになった。      

富士山の麓を中心に90件ほどのワイナリーが展開している中部地方では、シャルドネやその他のヨーロッパ種のブドウから、今ではなかなかのワインが造られている。

世界的な日本食ブームを受けて、寿司の控えめな風味と繊細なテクスチャーにぴったりだとの賞賛が、甲州には寄せられているのである。

続きを読むにはここをクリック

ジャパン・タイムズ(The Japan Times)

buy_detail

"甲州ワイン、海外でお披露目"

6月19日、固有種の甲州を使って日本で造られた白ワイン、シゼンが、ボルドーで開催されるVinexpoでデビューを果たす。ワイン産業のもっとも重要なイベントのひとつに出品することは、シゼンと日本ワインの向上プロジェクトを陰で支えるアーネスト・シンガーの、甲州種のワインに対する自信のあらわれでもある。

続きを読むにはここをクリック

ジャパン・タイムズ(The Japan Times)

buy_detail

"甲州、夏向きのワインとして台頭"

日本のワインが初めてヨーロッパで販売を許可され、その画期的な発展に尽力したのがパーカーとデュブルデューの二人であったという点で、これはまさしく歴史的な出来事だった。

そのワインとは甲州シゼンのことであり、醸造コンサルタントを務めたのがデュブルデューである。パーカーのほうは、2004年に遡ってデュブルデューのファースト・ヴィンテージをテイスティングし、このワインに(100点法で)88点というスコアを与え、今後何年にもわたって向上を続ける素晴らしい潜在能力を持っていると力説することで、世界的な注目を喚起させている。

続きを読むにはここをクリック